庭プチリフォーム その4
/comment(0)/2017.05.02
さて、今日は基礎を入れて、柱を建てて、笠木をつけたい。
がんばるぞっ!

まずはしっかりと計算した設計図の通りに、ざっくりと穴を掘ります。
(ざっくりでいいんかいっ!)
40cm以上掘ります。抜根してくれた後なので、比較的掘りやすいです。

そして、そこに基礎を埋めていきます。
塀の木の幅に合わせなくてはいけないので、結構微調整が大変でした。
基礎は20kg。これを持ち上げ、高さをそろえ、移動させるのが、ほんとしんどいです。

p7.jpg

ここまでできたら、基礎の周りにモルタルを入れていきます。
もちろん、モルタルは手練り。
25kgのドライモルタルを2袋半使いました。

小屋を作った時よりもはるかに少ないですね。
なので、このくらいは手練りでも大丈夫。(小屋の時も手練りだったけどね。ははっ)

そこへ昨日二度塗り終了している柱を入れます。

p8.jpg

水平も取りつつ、前後左右の位置も合わせなくてはいけない。
そして柱の高さも合わせなくてはならない。
これが結構大変な作業。
水平器をあちこちに当てて、いろいろな方向から水平を確認。
気を使います。

柱をモルタルで固める前に位置を調整したところを仮止め。
その辺にあったウッドチップで仮止めです。このあたりもテキトー。

p9.jpg

笠木をつけてから、またもやモルタル作業に入ります。

笠木をつけるときに高さを気を付けて取り付けます。
微調整したはずなのに、合わないっ!なんてことも、あったり、なかったり。

p10.jpg

ふぅ。
これがちゃんとできれば、塀の板も同じ幅なので、大丈夫。

笠木が取り付け終わったら、モルタルで固めちゃいましょう。

仮止めして降りた柱と、基礎の石の間にモルタルを流し込み、
きれいに整えて、モルタルが乾いたところで基礎の穴に土を埋め戻していきます。

p11.jpg


今日は一日の作業。
結構素人にはしんどい作業でした。
縦横の水平、間隔の調整、高さの調整・・・。

明日は一日作業はお休みして、あさってからまた作業です。

スポンサーサイト

Name
URL
Text
Pass
Secret